不妊治療技術と現代人の価値観

妊娠成立の為には、卵子と精子の出逢いが必要であります。その出逢いは、まさに奇跡と呼ぶに等しい受精であります。生命の誕生は、度重なる奇跡の元に育まれていくようです。高齢化が進む日本社会の中では、人生100歳計画などが、叫ばれる中、女性の高齢出産が珍しいものではなくなりつつあります。女性の社会進出も伴う事から、婚期の遅いカップルが、40代で初めての子どもを授かるような事も不妊治療技術の進歩とともに、その症例の数も順調に増しているようです。女性が男性とともに、社会に進出して行く中で、一息ついた時に、アラフォーと呼ばれる年齢に差し掛かっていたというような状況は、皆さんの周囲でも垣間見られているのではないでしょうか。女性が妊娠を成立させる為には、卵子の質と数が大切であると言われています。もちろん、閉経した後に、妊娠を望む事は不可能であります。女性が多産であった時代には、50歳前後で、出産を経験したような女性もいたようなのですが、現代女性においては、様々な条件が異なってくることもあり、40代で、妊娠率を高めるためには、様々な不妊へのアプローチを必要とするような事がほとんどであるようです。不妊治療を試みる事は決して後ろめたい事ではありません。晩婚の多い現代カップルには、とても大切かつ重要な医療技術であるのです。

不妊治療と医学的アプローチ

不妊治療を受けるカップルたちは、様々な問題を抱えながら治療を行っていきます。医学のアプローチは、不妊問題に対して完璧なものではありません。

時として、原因不明の不妊問題の壁に直面したり、原因を突き止め、最善かつ、最新の医療技術を屈指しようとも、妊娠成立に至らないカップルもいるのが現状です。

不妊治療は、高額な治療費をもっても妊娠成立という夢を叶えられないという現実を受け入れざるおえない事が少なくないようです。

ですが、そのような治療を諦めたとたんに、妊娠したというようなカップルもいるようです。古来から、子に恵まれない夫婦が、養子や養女をとったとたんに、妊娠するようなケースもあったと言います。

そのように子宝に恵まれた子どもを、ヤキモチっ子と呼ぶような風習もあったようです。

子宝に恵まれないからと、養子や養女が、たいそうかわいがられる事にヤキモチを焼くように、子の無い夫婦の元に産まれてくる子どもを、そう呼んだそうです。不妊治療は、コントロールのできない分野でもある生命の誕生に、アシストをするような治療であります。妊娠率を確実にするようなものではありません。

不妊治療のスタートライン

人間の身体の中で、歯は乳歯から永久歯に生え換わってしまうと、その後は生え換わったりはしませんよね。

虫歯や歯周病などで、大切な永久歯を失ってしまうと、その後は、入れ歯などが必要とされる事になりなります。

歯や特殊な臓器以外の人間の身体の細胞は、生まれてから死ぬまでに、常に新しいものと入れ替わっているようです。

例えば、血液は、3~4カ月ほどで入れ替わっているようです。また、皮膚は、1カ月で入れ替わると考えられています。

頭髪も、同様に1カ月ほどで入れ換わると言われています。

臓器の胃は、5日ほどで、入れ替わると考えられています。

そのような身体のメカニズムの中で、入れ替わる事のない臓器として、卵子(生殖細胞)があります。このような事を、不妊治療を試みるカップルが聞き入れますと、大変驚き、落胆される方々もいるようなのですが、このような事実を知り得ることが、不妊治療のスタートラインではないかと考えています。

不妊の治療を行う上で、重要だと言われている卵子は、女性が初潮を迎えるとともに、閉経に向かってその数は減少していくのだそうです。

皆さんが生まれながらにもっている卵子の数は、減ることはありましても増える事はないというのが実情なのです。

ですから、生命とは尊く、かけがえのない大切なものなのかもしれませんね。

不妊症のリスクを高める食品とそうではない食品

女性の不妊における「排卵障害」は、様々な原因が考えられていますが、その中で、食生活の見直しが指摘されるような事があります。

マーガリンや珈琲クリーム、ファーストフードなどに多く含めれていると考えられている、「トランス脂肪酸」は、そのような女性の不妊に関連付けて説明されるような事もあります。

そもそも「トランス脂肪酸」は、健康維持を妨げる食品として紹介されるような事が多く、健康志向的な生活を心掛けている人々であれば、意識して食事からの摂取を避けているようなNG食品の代表選手ではないでしょうか。

「トランス脂肪酸」は、女性のトラブルとしては、子宮内膜症を発症しやすくなる食品とも言われています。このような女性のトラブルを発症し易い食品であると言う事は、ストレートに不妊になりやすい体質を生み出す食品と考えても良いかもしれません。

このように、不妊体質に近づくような食品がある一方で、そうではない、妊娠しやすい体質を作る食品や栄養素もあるのですから、妊活中のカップルは、妊娠し易い体質づくりを目指す中で、不妊症のリスクを減らしてくれる食品との出逢いを大切にしていきましょう。