不妊治療技術と現代人の価値観

妊娠成立の為には、卵子と精子の出逢いが必要であります。その出逢いは、まさに奇跡と呼ぶに等しい受精であります。生命の誕生は、度重なる奇跡の元に育まれていくようです。高齢化が進む日本社会の中では、人生100歳計画などが、叫ばれる中、女性の高齢出産が珍しいものではなくなりつつあります。女性の社会進出も伴う事から、婚期の遅いカップルが、40代で初めての子どもを授かるような事も不妊治療技術の進歩とともに、その症例の数も順調に増しているようです。女性が男性とともに、社会に進出して行く中で、一息ついた時に、アラフォーと呼ばれる年齢に差し掛かっていたというような状況は、皆さんの周囲でも垣間見られているのではないでしょうか。女性が妊娠を成立させる為には、卵子の質と数が大切であると言われています。もちろん、閉経した後に、妊娠を望む事は不可能であります。女性が多産であった時代には、50歳前後で、出産を経験したような女性もいたようなのですが、現代女性においては、様々な条件が異なってくることもあり、40代で、妊娠率を高めるためには、様々な不妊へのアプローチを必要とするような事がほとんどであるようです。不妊治療を試みる事は決して後ろめたい事ではありません。晩婚の多い現代カップルには、とても大切かつ重要な医療技術であるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です