不妊治療と医学的アプローチ

不妊治療を受けるカップルたちは、様々な問題を抱えながら治療を行っていきます。医学のアプローチは、不妊問題に対して完璧なものではありません。

時として、原因不明の不妊問題の壁に直面したり、原因を突き止め、最善かつ、最新の医療技術を屈指しようとも、妊娠成立に至らないカップルもいるのが現状です。

不妊治療は、高額な治療費をもっても妊娠成立という夢を叶えられないという現実を受け入れざるおえない事が少なくないようです。

ですが、そのような治療を諦めたとたんに、妊娠したというようなカップルもいるようです。古来から、子に恵まれない夫婦が、養子や養女をとったとたんに、妊娠するようなケースもあったと言います。

そのように子宝に恵まれた子どもを、ヤキモチっ子と呼ぶような風習もあったようです。

子宝に恵まれないからと、養子や養女が、たいそうかわいがられる事にヤキモチを焼くように、子の無い夫婦の元に産まれてくる子どもを、そう呼んだそうです。不妊治療は、コントロールのできない分野でもある生命の誕生に、アシストをするような治療であります。妊娠率を確実にするようなものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です