不妊症のリスクを高める食品とそうではない食品

女性の不妊における「排卵障害」は、様々な原因が考えられていますが、その中で、食生活の見直しが指摘されるような事があります。

マーガリンや珈琲クリーム、ファーストフードなどに多く含めれていると考えられている、「トランス脂肪酸」は、そのような女性の不妊に関連付けて説明されるような事もあります。

そもそも「トランス脂肪酸」は、健康維持を妨げる食品として紹介されるような事が多く、健康志向的な生活を心掛けている人々であれば、意識して食事からの摂取を避けているようなNG食品の代表選手ではないでしょうか。

「トランス脂肪酸」は、女性のトラブルとしては、子宮内膜症を発症しやすくなる食品とも言われています。このような女性のトラブルを発症し易い食品であると言う事は、ストレートに不妊になりやすい体質を生み出す食品と考えても良いかもしれません。

このように、不妊体質に近づくような食品がある一方で、そうではない、妊娠しやすい体質を作る食品や栄養素もあるのですから、妊活中のカップルは、妊娠し易い体質づくりを目指す中で、不妊症のリスクを減らしてくれる食品との出逢いを大切にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です