様々なストレスとの付き合い方

不妊治療中はストレスを抱えやすいと言われています。

現代病とも考えられている「精神的なストレス」ですが、日常的なストレスから、回復するような力は、少しずつ衰えていくとも言われているそうです。

若い頃には、何とも感じていなかったような精神や身体的なダメージが、何日も疲労として残るような場合は、何かしらの内面からのサインとして捉えた方が良い事もあります。

その1つに「うつ病」と呼ばれる症状があります。

「ストレス」を感じると、その影響は、自律神経に影響してきます。

●「自律神経」・・・自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」に分けられます。

●「交感神経」・・・活発な活動に関係する神経 

●「副交感神経」・・・リラックスするような神経 人間は、ストレスを感じると、この「交感神経」と「副交感神経」の乱れが生じ、その乱れが、血流の乱れを起こしたりします。

ですが、NOストレスが、人体にとって完璧な環境であるかと言いますと、そうではないのだそうです。

人間には、適度なストレスが必要であり、そのようなストレスに打ち勝つような身体や、メンタリティを、日常生活の中で、育て上げていかなくてはならないようなのです。

皆さんにも、様々なストレスが、日々負担となって覆いかぶさってきませんか?

日常には、たくさんのストレスが散りばめられています。

そのような、ストレスを乗り越える為には、何よりも、タフな皆さんのメンタリティと身体が大切な鍵となってくるようなのです。

適度なストレスは、メンタル的にも、身体的にも強くなるチャンスの到来なのかもしれません。